《 第五回 》仮想通貨長者への具体的なステップ

■公式LINEご登録のすゝめ

仮想通貨長者.comでは公式LINEを通して仮想通貨情報の配信を行っております。
有益な仮想通貨情報をいち早く、確実に受取るためにも、今すぐ公式LINEへご登録ください。

>>公式LINEの案内資料はこちら

FROM:仮想通貨長者.com SOMEYA

前回の記事にて、仮想通貨長者を目指すには
仮想通貨バブルよりも「トークンバブル」
備えるべきだとお伝えしました。

トークンバブルを利用すれば、
通常の投資とは比べものにならない程
圧倒的なリターンを手に入れることができるからです。

本日は、その具体策をお伝えします。

これまでの記事をご確認の上、
本文を読み進みいただければと思います。

*過去記事はこちらです。
【第一回】とても重要な話があります。
【第二回】 黒幕の正体。
【第三回】ブロックチェーンが生み出す、次なるバブル。
【第四回】もうひとつのバブルを紐解きます。

率直に結論から申し上げます。

本気で、仮想通貨長者を目指している方は
「将来有望な仮想通貨を市場公開前に購入すること」
に焦点を絞り「新興コイン」と「ICO」という
2つのキーワードに注目してください。

なぜなら、それが仮想通貨長者への最短ルートだからです。

新興コインとは市場に公開される前
(取引所で取り扱われていない)コインのことを指します。

これから仮想通貨ドリームを掴むならば、
ビットコインなどのメジャーコインではなく、
将来有望な新興コインを見つけることが重要です。

将来有望な新興コインを見つけ、
初期の安い価格のときに買っておく。

そうすれば価格が数百倍や数千倍に上昇し
仮想通貨長者への道が開けます。

そして、新興コインの探し方として、
昨今話題を集めているのが、ICOです。

ICOとは、イニシャル・コイン・オファリングの略称です。

概要を要約すると…
「独自の仮想通貨を通して行う資金調達方法」
だと言えます。

これまでは企業が資金調達を行う場合、
株式を発行したり、融資を募るが一般的でした。

株式を発行して資金を調達する場合、
ベンキャーキャピタルから日本円で出資してもらい
株式を発行、株を売却することで資金を調達していました。

対してICOは「独自の仮想通貨」を発行し、
売却することで資金を調達します

前回の記事でイーサリアムのトークン発行機能を
利用して、仮想通貨を発行する企業が増えている
とお伝えしましたが、それらを売却しているわけです。

ICOのことを「トークン・セール」
呼ばりたりするのは、そのためです。

ICOは資金調達にかかる資金的、時間的、
労力的なコストを10分の1 以下にできます。

加えて、昨今の仮想通貨バブルを考慮すれば
世界中の企業がICOによる資金調達へ
踏み出すのは、何ら不自然ではありません。

実際、2016年から現在にかけて
ICO案件は爆発的に増加しております。

以下の事例をご覧ください。

これらはICOによって多額の資金を調達できた成功例です。

日本でも、COMSAトークンは
2ヶ月間で109億円の資金を調達したのは有名な話です。

そのような現実を踏まえて、話を戻します。

「ICOを行っている仮想通貨=新興コイン」です。

そして、それだけ多くの投資家たちが
新興コインへ投資をしている理由は
現実的な投資案件の中で
「もっともリターンが大きい」からです。

事実、ICO期間を経て、市場に公開された時、
購入価格の何倍、何十倍にもなる事例が多発しています。

無論、具体的なリターンは当該案件に
よりけりですが、少なくとも数十倍から
数百倍の投資リターンが見込めるものばかりです。
モノによっては、数千倍のリターンを得られる可能性もあります。

実際、仮想通貨市場第二位のイーサリアム
ICO時から「1,300倍」以上の価格高騰を
記録したと言われています。

IOTAという仮想通貨は、市場公開直後に約600倍を記録。
ADAコインだって、約40倍です。

そのような夢のあるリターンは、
ビットコインのようなメジャーコインでは、もう実現できません。

ビットコインは素晴らしいコインです。

これは誰も否定できない事実です。

ただし、もうビットコインでは
仮想通貨長者にはなれないのです

故に、多くの投資家は将来有望な新興コインを
市場に公開される前に、購入しているのです。

当然、そこにはリスクもあります。

しかし新興コインにはリスクを上回るほどの
大きな投資リターンが秘められています。

今後は仮想通貨バブル、トークンバブル、
ICOバブルによって新興コインへの投資が盛んになり
益々、仮想通貨長者が続出すると予測されています。

であるならば、私たちも将来有望な
新興コインを今から探し始めることこそが、
「仮想通貨長者への最短ルート」
だと断言できます。

現状、仮想通貨市場において、
巨額の資産を形成するための最善策は、
メジャーコインへの投資や、
ロジカルなトレードではありません。

「誰よりも早く有益な新興コイン情報をキャッチすること」

それに尽きます。

重要なことなので、もう一度復唱しておきます。

  1. メジャーコインではもう仮想通貨長者にはなれない
  2. 新興コインにこそ、仮想通貨長者のチャンスがある
  3. 今後、トークン・ICOバブルによって新興コインが激増する

上記3つのポイントを念頭において、

・信頼性が高い新興コイン情報を探す
・将来有望な新興コインを購入する

それが、仮想通貨長者への具体的なステップです。

この点さえ理解できれば、
あとは本当に有望な新興コインを見つけるだけです。

というわけで、次回の記事では
有望な新興コインを見分け方をご紹介致します。

あなたを仮想通貨長者ヘ導いてくれる
仮想通貨の選び方をお届け致しますので
ぜひ楽しみにされていてください。

本日は以上です。

仮想通貨長者.com SOMEYA

 

バックナンバー
【第一回】とても重要な話があります。
【第二回】 黒幕の正体。
【第三回】ブロックチェーンが生み出す、次なるバブル。
【第四回】もうひとつのバブルを紐解きます。

ページ上部へ戻る